スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

清野とおるさんのステッカーゲット

なんかよくわからんが、子供が持ってきた




漫画 『東京都北区赤羽』の清野とおるさんのステッカーです

ジミーに嬉しい

結果、食ってばっかりで帰国っす

仁川国際空港でチェックインした直後に
出国手続きゲートに行かずに
悪あがきで
鮑粥を食べる


さ、これ食べたら日本に帰ろっと

コーヒーショップ

ソウルにあるコーヒーショップは結構美味しいです

10年前に初めて韓国でコーヒー飲んだ時には
メチャクチャ薄いとか
メチャクチャ甘いとか

あまりにも極端な味だった記憶しか無いけど
今回の旅行で飲んだコーヒーは
結構美味しかった

コレは
コーヒービーンズ
という店 のコーヒーです
韓国では一番美味しい店らしい(レシートに書いてあった )本当かどうかは明らかではありません
けど、結構美味しいコーヒーを頂くことが出来ました


なんだけど
缶コーヒーは
相変わらず甘くて薄くて
不味い

韓国のジョージアっす

汗蒸幕(ハンジュンマク)でもチムジルバンでも無い派

流石に彼氏と同棲中の友達の家に2泊するのも申し訳ないので
2日目は安ホテルに1人で泊まった。
ビジネスホテルかと思ったら連れ込み宿やんけ

そんなところの風呂になんか入れるかい

ってんで
1人で銭湯に来ましたよ



看板に何と書いてあるか分からない方、

日本語では
「沐浴できます」
みたいな感じ

ま、サウナでガンガン汗をかくよりも、もっと気軽にお風呂に入れますよ〜
っていう庶民的銭湯だと思ってください
だけどちゃんと中にサウナもあるし、休憩所もあるし、アカすりのおばちゃんもいるし

何といっても観光客がほぼ皆無で、地元の人達しかいないから落ち着けるし

私は汗蒸幕やチムジルバンよりもモギョクタン派であります

まぁ、日本人が1人で行くと不思議な目で見られましたが

三清洞(サムチョントン)と北村(ポクチョン)

今回の渡韓では、
一番観光旅行らしい1ページ

三清洞(サムチョントン)のカフェと



北村(ポクチョン)の街並み



韓服を着て歩いてる人がいたり、
オシャレなカフェがあったり

街並み自体はレトロなので、
日本だったら鎌倉みたいな感じかも

で、買ったのはこんなスマホケースだったりする

韓国のビュッフェ

韓国で人気のビュッフェに連れて行ってもらいました


韓国には何店舗かのチェーン店があるみたいだけど宜しく私が行ったのは地下鉄2号線 弘大入口駅の店舗



まぁ、日本のビュッフェと何ら変わらないかも
でも 韓国の料理が何種類も食べられるしお得な気がします






弘大(ホンデ)付近の街並

友達の家に無理矢理一泊させてもらい、
次の日した事は
何故か
タイマッサージだったりする
(=゚ω゚)ノ



垢すりでもヨモギ蒸しでも無いところがよく分からん。

まぁ、先程も申し上げましたが観光旅行ではありませんから
タイマッサージでも良いんではないかと…

今回の移動はバスや地下鉄がメインなのでそこそこ街を歩いた

3年前より外国の店が増えたような気がする


この店はジャマイカ料理店だとさ




ヨーロッパ的な飲食店とか



日本料理の居酒屋は意味もなく派手だった



露天には相変わらず誤字のある日本語グッズ


ガオナシ


昔、釜山で見た
ブしンドコーヒー(ブレンドコーヒーの誤字)
に似たレベルか?


でも、いくらか国際的な街になったとはいえ、ゴミ処理に関してはまだまだ後進的でして、
日曜日の朝の街並みゴミだらけっす



環境都市にはまだほど遠い気が…

チキンとビールと缶マッコリとキムチ

現地の友達とっ捕まえて
チキンとビール
韓国ではチメク (チキン +メクチュ((※韓国語でビールの意)) )と言う

辛いので
ビールをジョッキで3杯はいける
でも ビールが薄いのであまり酔わないんですけど…




チメクの後は、友達の家で家飲みっす

クイキングとかいうお菓子
っーか、かわきもの


あとは
韓国の家庭で漬ける手作りキムチと缶マッコリ

グレープ風味でさっぱりしてるけど、マッコリの味でキムチとぴったりでしたわ

3年ぶりでやって来た

マイルが貯まったので タダ乗りで3年ぶりに渡韓しました

私にとってはただのお散歩程度で二泊三日してきます

仁川国際空港に着いて先ず最初に買ったのは電子マネーカード
TMoney



コレがあると電車やバスの乗り降りの支払がうんと楽との事なので
(三年前にはまだこのカードは存在していなかったので今回初購入)
これだけ買ってAREXに乗ってみました

言葉の壁なんて気にしない〜
ノリでなんとかなるでしょう


そして、やっぱり韓国には
モンスターはいなかった
だだっ広い荒野が広がるのみ

私のすむ街は小っちゃな怪物たちが結構いる住みやすい街です

子供の夏休みの弁当がどーとかこーとか

 

 

折角だから弁当写真載せて記録するとかなんとか言っておきながら中途半端に終わらせたまま

 

9月も一週間が過ぎました。

9月7日は私の生誕記念日でありますが、さすがにもう歳は取りたくなく、

逆に誕生日が来る毎に一歳ずつ年が減っていかないかなと切実に思う本日です。

 

 

8月の後半から今日まで、

私は家事も仕事もろくにしないで

ポケモンの捕獲に精を出し、街を徘徊していましたが、

私の住む街には

手に届きそうで届かないと

思われがちなポケモンたちが結構いました。

無課金でジムバトルもしないで、モンスターの飴のみをせっせと集めてここまでやれる自分の住む街が

案外好きです

 

 

例えば 雑魚だけどアメが400個あればかなり強力なモンスターに進化出来るコイツとか

 

 

 

 

(飴を400個集めるのに1週間くらいでした)

 

 

こんなやつもバスに乗って10分くらいの公園にいます

 

 

そして乱獲

そして公園を2時間徘徊後、飴がたまったのでもちろん進化

 

 

 

代表的キャラのこんなやつも5匹捕まえました

このコはソースの都合上、1日に一匹捕獲のペースで通っています

早く進化させたいです。

 

 

 

ムカつくのはうちの旦那がこんなのをあっさり捕まえてきたことです

私は逃しました 次はいつ出現するだろうか・・・・

 

 

ある朝、目が覚めたら家から徒歩3分くらいの公園に

こんなのがいたり

 

 

それはもう、朝の薄暗い公園に大人たちが集まっててんやわんやでしたよ

 

無課金でジムバトルもしないで 飴のみをせっせと集めてここまでできるこの街が

案外好きかも